生誕100年記念小林多喜二国際シンポジウム PartU
―多喜二文学、時代を超えて いま世界に生きる―

おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。
ありがとうございました。 [8/29]


● 開催趣意
   小林多喜二生誕100年・没後70周年を期して開催された記念シンポジウムは、内外の愛好者・研究者の協力を得て成功を収めました。学術的にも、新資料の 発掘を契機として、従来の研究から明らかに一歩を進める成果が得られたものと評価を受けました。この結果を踏まえ、多喜二シンポジウムPart2を 2004年夏に開催いたします。
 シンポジウムは全体として小林多喜二の文学・芸術史的役割を、世界文学の流れの中で明らかにすることを目指します。第1回シンポジウムが多喜二文学を日 本近代文学史に位置付けたことを踏まえ、第2回は多喜二文学を世界文学のなかに位置付けることを目的としています。


● 開催日時
平成16年 8月28日(土)午後1時〜午後6時
8月29日(日)午前10時〜午後6時(予定)

● 会場
ヤクルトホール (会場地図
東京都港区東新橋1−1−19ヤクルト本社ビル内
(JR新橋駅より徒歩5分、東京メトロ銀座線新橋駅2番出口より徒歩3分、
都営浅草線新橋駅A2−2出口より徒歩1分)

定員
550名

参加費
一般:当日券2,000円  前売券1,500円
学生:当日券1,500円  前売券1,000円
(チケットは2日間の通し券のみの発売、表示価格は消費税込です)


開催プログラム [7/20 Update] (※ 講演順が一部変更になりました)

8月28日(土)13:00開演予定

◇来賓挨拶
▼呂元明氏(中国:中日韓文化研究所所長)
キム・レーホ氏(ロシア:ロシア科学アカデミー、世界文 学研究所主席研究員)
※ 突然ではありますが、キム・レーホ先生は当シンポジウムに参加する事ができなくなりました。

◇基調講演
▼島村輝氏(女子美術大学教授)
「時代を撃つことば・世界を織ることば――多喜二の描いた〈資本主義〉」

▼ノーマ・フィールド氏(米国シカゴ大学教授)
「リチャード・ライドと小林多喜二を繋ぐもの」

講演後、 島村輝氏とノーマ・フィールド氏の対論、会場とのディスカッションを予定

18:00頃終了予定

8月29日(日)10:00開演予定

◇講演
▼張如意氏(中国:河北大学外国語学院副院長)
「中国における小林多喜二文学の再認識」

▼ジャスティン・ジェスティー氏(米国:シカゴ大学大学院生)
「シカゴ大学での『一九二八年三月十五日』翻訳作業の意義」

▼朴眞秀氏(韓国:キョンウォン大学助教授)
「いま『蟹工船』を韓国で読む―グローバリゼーションを越えて―」

◇朗読劇(13:00〜)
▼上野日呂登氏(劇団民藝所属、演劇『小林多喜二』で主演多喜二役など)ほか
「万歳々々」

◇特別講演
▼澤地久枝氏(作家)
「小林多喜二と”昭和史のおんなたち”(仮題)」

◇講演
▼王成氏(中国:首都師範大学外語学院副教授、北京日本学研究センター客員教授)
「多喜二における農民・農村と資本主義―『不在地主』をてがかりに」

▼ヘザー・ボウェン・ストライク氏(米国:シカゴ大学ポストドクトリアル)
「男同士:『工場細胞』における男と男の関係の意味」
“Between Men: the Intimacy of Male-Male Comraderie in Kojo saibo

▼ガリーナ・ドゥートキナ氏(ロシア:作家、ジャーナリスト)
「小林多喜二の犠牲の意義―20〜21世紀のロシア文化のコンテクストでの小林多喜二の人生と死―」

▼各発表者によるパネルディスカッション

18:00頃 終了予定


※ 両日とも、発表は全て日本語で行われます。

尚、上記プログラムは暫定のものです。発表順、内容等は変更される場合もあります。予めご了承下さい。

主催
白樺文学館多喜二ライブラリー


[2004/4/30]
白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二