澤地久枝さんの特別講演が決定!

既にチラシ等で告知をしておりますが、ノンフィクション作家の澤地久枝さんによる特別講演が正式に決定いたしました。8月29日(日)午後1時15分頃よ り1時間程度の講演を行っていただく予定です。

澤地さんは早稲田大学文学部卒業で、主な著書には『妻たちの二・二六事件』『密約』『烙印の女たち』『あなたに似たひと』『火はわが胸中にあり』(第5回 日本ノンフィクション賞受賞)『滄海よ眠れ』『記録 ミッドウェー海戦』(第34回菊池寛賞受賞)『昭和・遠い日 近いひと』『わが人生の案内人』『道づれは好奇心』『昭和史のおんな』などがあります。

小林多喜二の周辺に関係した作品としては、「文藝春秋」に連載されていた『昭和史のおんな』で、多喜二と最後の約1年をともに過ごした伊藤ふじ子さんを描 い た『小林多喜二への愛』(一九八一年十二月号掲載)があり、ここでは多喜二とふじ子さんの事のみならず、その後ふじ子さんと結婚した漫画家の森熊猛さんの 事も描かれています。

シンポジウム当日は森熊猛さんの作品展示を1階ロビーで行います。
作品の中で注目されるのは、日本の歩みと併せて森熊さんがふじ子さんとともに歩んできた半世紀を描いた自分史年表です。ぜひご覧下さい。

プログラムの詳細が決定致しました。詳しくはこちらをご覧下さい。





[2004/07/30]
白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二