「小林家寄贈図書」の形成について

2008年4月1日

昨年末、小林多喜二の遺族より、多喜二旧蔵図書や戦後小林家に献呈されてきた多喜二関係図書、雑誌など約490点が白樺文学館多喜二ライブラリーに寄贈された。

小林多喜二(1903-33)の旧蔵図書8点(和書8冊)、多喜二の母・小林セキ(1873.8.22-1961.5.10)の多喜二追悼の手稿、弟・小林三吾が『初版本による復刻全集 小林多喜二全集』(ほるぷ社)刊行に際して寄稿した原稿(3枚)など、小林多喜二没後40周年記念の「多喜二の夕べ」写真アルバムなどが含まれている。多喜二関係記事掲載の新聞切り抜き32点、家族の蔵書約500点(和書262冊、和雑誌209冊)の内容。

これを受け、白樺文学館多喜二ライブラリーは、「小林家寄贈図書」を形成した。

※多喜二『近代劇大系』、『近代劇全集』などの旧蔵図書8点は、このほど小樽商科大学図書館に、小樽多喜二祭実行委員会より寄託された「小林多喜二蔵書寄託図書」(小樽商科大学図書館HPで公開中)のものと、本来は、一組とされるものである。

寄贈図書リストは、別掲のデータの通りである。

小林家寄贈図書目録(xls形式ファイル 191KB)

(学芸員 佐藤三郎)

[2008/4/1]

白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二