オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム開催のご案内

会場となるオックスフォード・キーブル校
会場となるオックスフォード・キーブル校
オックスフォード多喜二シンポジウム組織委員会は、小林多喜二(1903~1933)の生誕105年・没後75周年となる本2008年の9月16日から18日までの3日間、イギリス・オックスフォード大学において、「2008年 オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム」を開催します。

メーンテーマを、「多喜二の視点から見た身体・地域・産業」とし、オックスフォード多喜二シンポジウム組織委員会主催、小樽商科大学、白樺文学館多喜二ライブラリーが後援します。ヨーロッパ、アジア各国の研究者が、国際的研究成果を交流する一大イベントとなることが期待されます。

同シンポジウムの企画は、リンダ・フローレス(イギリス、オックスフォード大学)、ヘザー・ボーウェン=ストライク(アメリカ合衆国、ロヨラ大学)、島村 輝(日本、女子美術大学)の三者で、白樺文学館多喜二ライブラリーが事務局を務めます。

実施要綱、イベントスケジュールなどは以下の通りです。


「2008年 英国・オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム」実施要綱

小林多喜二生誕105年・没後75周年となる本2008年、9月16日から18日までの3日間、イギリス・オックスフォード大学において、「2008年 オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム」を開催いたします。

タイトル 「2008年 英国・オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム――多喜二の視点から見た身体・地域・産業」
主催

オックスフォード多喜二シンポジウム組織委員会

後援 小樽商科大学、白樺文学館多喜二ライブラリー
企画

 リンダ・フローレス(イギリス、オックスフォード大学)、ヘザー・ボーウェン=ストライク(アメリカ合衆国、ロヨラ大学)、島村 輝(日本、女子美術大学)

期日 2008年9月16日~18日
場所 英国・オックスフォード大学キーブルカレッジ
事務局 白樺文学館多喜二ライブラリー

 

【日程詳細】

(各発表のテーマ(予定)については別紙一覧をご参照ください。)

9月16日(第1日)
12:00 – 13:30 参加登録(オックスフォード大学キーブルカレッジ)
13:30 – 14:00

開会式

14:00 – 15:30 第1分科会「女性――身体とメディア」
  • Linda Flores,
  • Reiko Abe Auestad,
  • 神村和美(KAMIMURA Kazumi),
  • 中川成美(NAKAGAWA Shigemi) ディスカッサント、討論司会兼任
16:00 – 16:40

基調報告

  • Vera Mackie
17:00 – 懇親会

 

9月17日(第2日)
9:00 – 10:30

第2分科会「身体と権力」

  • 荻野富士夫(OGINO Fujio)
  • 山崎眞紀子(YAMASAKI Makiko)
  • Curtis Anderson Gayle
  • Heather Bowen-Struyk ディスカッサント、討論司会兼任
11:00 – 12:30

第3分科会「地域と植民地主義」

  • 河西英通(KAWANISHI Hidemichi)
  • 高橋秀晴(TAKAHASHI Hideharu)
  • 尾西康充(ONISHI Yasumitsu)
  • 小森陽一(KOMORI Yoichi)ディスカッサント、討論司会兼任
12:30 – 13:30

昼食

13:30 – 15:00

並行分科会

第4分科会「モダニズムとリアリズム、大衆文学」

  • Annika A Culver
  • 内藤千珠子(NAITO Chizuko)
  • 鳥木圭太(TORIKI Keita)
  • 王成(Wang Cheng)

第5分科会「群衆と闘争」

  • Cody Poulton
  • Orna Shaughnessy
  • 高榮蘭(KO Youngran)
  • 島村輝(SHIMAMURA Teru) ディスカッサント、討論司会兼任
15:30 – 17:00

第6分科会「植民地時代のKorea」

  • Youngeun Jang
  • Samuel Perry
  • 李修京(Yi Sugyong)
  • 朴眞秀(Park Jinsu) ディスカッサント、討論司会兼任
17:10 – 18:40 映画「時代を撃て・多喜二」上映
18:50 –

夕食

 

9月18日(第3日)
8:30 – 10:30

第7分科会 円卓討論「労働と教育に関する諸問題」

  • 北村隆志(KITAMURA Takashi)
  • 岡野幸江(OKANO Sachie)
  • 張如意(Chang Ruyi)
  • 岡村洋子(OKAMURA Yoko)
  • Adrienne Carey Hurley
  • 討論司会 Heather Bowen-Struyk, 島村輝
11:00 – 12:30

第8分科会「多喜二と映画」

  • 宜野座菜央見(GINOZA Naomi)
  • 秦剛(Qing Gang)
  • 討論司会 Linda Flores
12:30 – 13:30

昼食

13:30 – 14:00

閉会式

14:10 -

映画「蟹工船」上映

【参加上の注意事項】

  1. 主催者側から特に指示のない参加者の方は、現地集合・受付、現地解散となります。往復の航空券等、宿泊の手配は各自旅行会社等を通じてお願いします。会場となるキーブルカレッジへのアクセスと使用教室などについては、キーブルカレッジのウェブ・サイト(http://www.keble.ox.ac.uk/about/location)を御覧下さい。
  2. 昼食、および夕食については、会場近辺に学生向けレストランなどがございます。
  3. 現在のところ、発表者の方から、シンポジウムへの参加費自体を頂戴することは考えておりません。一般参加(発表なし)の方からは資料代、茶菓代等の実費をいただく予定です。
  4. シンポジウム実施の件についてご質問・ご意見等がある場合には、共同企画者のいずれかにご遠慮なくご質問ください。また今後重要な告知は「白樺文学館多喜二ライブラリー」のサイトにアップしますので、こちらにもご注意ください。(http://www.takiji-library.jp/announce/)

末筆ながら、健やかにお過ごしくださいますようお祈り申しあげます。

2008年オックスフォード多喜二シンポジウム
共同企画者
リンダ・フローレス
ヘザー・ボーウェン=ストライク
島村 輝


2008 Kobayashi Takiji Memorial Symposium in Oxford

Outline of Events

The “2008 Kobayashi Takiji Memorial Symposium in Oxford” will be held in at Oxford University, England from September 16 -18, 2008 to commemorate the 105th anniversary of the birth and 75th anniversary of the death of Kobayashi Takiji.

Title “2008 Kobayashi Takiji Memorial Symposium in Oxford: Learning from Takiji--Bodies, Regions, Industry”
Host

Oxford Kobayashi Takiji Symposium Organising Committee

Sponsors Otaru University of Commerce, 
Shirakaba Literary Museum/Takiji Library
Administration

Shirakaba Literary Museum/ Takiji Library

Organisers
  • Linda Flores (UK)
  • Heather Bowen-Struyk (US)
  • Shimamura Teru (Japan)
Dates 16-18 September 2008
Location Oxford University (Keble College), UK

[Schedule]

16 September(Day 1)
12:00 – 13:30 Registration( Keble College, Oxford University )
13:30 – 14:00

Opening Ceremony

14:00 – 15:30 Panel 1: “Women, Media and the Body”
  • Linda Flores,
  • Reiko Abe Auestad,
  • 神村和美(KAMIMURA Kazumi),
  • 中川成美(NAKAGAWA Shigemi)
16:00 – 16:40

Keynote Speech

  • Vera Mackie
17:00 – Reception

 

17 September(Day 2)
9:00 – 10:30

Panel 2: “The Body and Power”

  • 荻野富士夫(OGINO Fujio)
  • 山崎眞紀子(YAMASAKI Makiko)
  • Curtis Anderson Gayle
  • Heather Bowen-Struyk
11:00 – 12:30

Panel 3: “Regionalism and Colonialism”

  • 河西英通(KAWANISHI Hidemichi)
  • 高橋秀晴(TAKAHASHI Hideharu)
  • 尾西康充(ONISHI Yasumitsu)
  • 小森陽一(KOMORI Yoichi)
12:30 – 13:30

Lunch (Keble College Dining Hall)

13:30 – 15:00

Parallel Sessions

Panel 4: “Modernism, Realism and Popular Literature”

  • Annika A Culver
  • 内藤千珠子(NAITO Chizuko)
  • 鳥木圭太(TORIKI Keita)
  • 王成(Wang Cheng)

Panel 5: “Strikes and the Crowd”

  • Cody Poulton
  • Orna Shaughnessy
  • 高榮蘭(KO Youngran)
  • 島村輝(SHIMAMURA Teru)
15:30 – 17:00

Panel 6: “Colonial Era Korea”

  • Youngeun Jang
  • Samuel Perry
  • 李修京(Yi Sugyong)
  • 朴眞秀(Park Jinsu)
17:10 – 18:40 Film Screening: “Kobayashi Takiji: A Witness to His Times”
18:50 –

Dinner (Keble College Dining Hall)

 

18 September(Day 3)
8:30 – 10:30

Panel 7: “Problems with Labour and Education”

  • 北村隆志(KITAMURA Takashi)
  • 岡野幸江(OKANO Sachie)
  • 張如意(Chang Ruyi)
  • 岡村洋子(OKAMURA Yoko)
  • Adrienne Carey Hurley
11:00 – 12:30

Panel 8: “Takiji and Film”

  • 宜野座菜央見(GINOZA Naomi)
  • 秦剛(Qing Gang)
12:30 – 13:30

Lunch (Keble College Dining Hall)

13:30 – 14:00

Closing Ceremony

14:10 -

Film Screening: “The Crab Cannery Boat”

【Notes to Participants】

For symposium attendees (non-speakers) registration can be made on site at Keble College. Please make travel and accommodation arrangements through a travel agency or by other means. For access to the conference site at Keble College, please refer to the Keble College website (http://www.keble.ox.ac.uk/about/location). For meals, there are restaurants located close to the conference site.

For questions or comments regarding the symposium, please contact the organisers. Further information and updates will be posted on the “Shirakaba Literary Museum/Takiji Library” website: http://www.takiji-library.jp/announce/

We look forward to your participation in this event.

2008 Kobayashi Takiji Memorial Symposium in Oxford
Organisers:
Linda Flores
Heather Bowen-Struyk
Shimamura Teru


2008年オックスフォード多喜二シンポジウム分科会発表予定

9月16日(第1日)

14:00 – 15:30 第1分科会「女性――身体とメディア」

  • Linda Flores
    Love and Revolution: Images of Women in the Works of Kobayashi Takiji and Hirabayashi Taiko
  • Reiko Abe Auestad
    “Kobayashi Takiji, Strindberg’s Miss Julie, and the Battle between the Sexes”
  • 神村 和美
    言説の罠・空白の力―「救援ニュース№18附録」・「暴風警戒報」
  • 中川 成美(ディスカッサント兼任)
    小林多喜二における《大衆》―メディア・ジェンダー・ヴィジュアリティ

16:00 – 16:40 基調報告

  • Vera Mackie
    Sex, Work and Text in Imperial Japan: Strategies of Reading

 

9月17日(第2日)

9:00 – 10:30 第2分科会「身体と権力」

  • 荻野 富士夫
    小林多喜二と治安体制
  • 山崎 真紀子
    拷問における身体の収奪――多喜二と春樹(仮)
  • Curtis Anderson Gayle
    “Capitalism, Empire, and the Body: what the 21st century world can learn from Takiji’s work
  • Heather Bowen-Struyk(ディスカッサント兼任)
    The Pain of Others (title ad hoc)

11:00 – 12:30 第3分科会「地域と植民地主義」

  • 河西 英通
    小林多喜二における異境感とリージョナリズム
  • 高橋 秀晴
    無意識的原点としての生地秋田
  • 尾西 康充
    〈内国植民地〉としての北海道―有島武郎と小林多喜二
  • 小森陽一(ディスカッサント兼任)
    (題目未定)

13:30-15:00 並行分科会 第4分科会「モダニズムとリアリズム、大衆文学」

  • Annika A. Culver
    Koga Harue’s Constellation of Modernity: A Japanese Surrealist Artist’s View of the Modern in Interwar Japan
  • 内藤 千珠子
    『痴人の愛』における帝国のジェンダー構造と資本主義
  • 鳥木 圭太
    ナップリアリズムの再検討――「党生活者」を起点として――(仮)
  • 王 成
    プロレタリア文学の活力――小林多喜二から松本清張へ

    ※このセッションはディスカッサント無し。討論の時間も特にとっていない。

13:30 – 15:00 並行分科会 第5分科会「群衆と闘争」

  • Cody Poulton
    “After the Quake: A Dramatic Representation of the Korean Massacre by Leftist Playwright Akita Ujaku”
  • Orna Shaughnessy
    Strike! Representations of the Crowd and Violence in works of Kobayashi Takiji and other contemporary cultural productions
  • 高 榮蘭
    「共闘」の場における「女性」表象
  • 島村 輝(ディスカッサント、討論司会兼任)
    多喜二の描いた「新女性(モダンガール)」――「安子(「新女性気質」改題)」を軸として(title ad hoc)

15:30 – 17:00 第6分科会「植民地時代のKorea」

  • Youngeun Jang
    Socialist Mobility and Landscapes
    Representations of Russia and the Magazine “Samchǔnli” in Chosǔn (Japanese-Colonized Korea) in the 1930s
  • Samuel Perry
    Writing for Children and Revolution in Japan and Colonial Korea
  • 李 修京
    Kim Dooyong and Kobayashi Takiji
  • 朴 眞秀(ディスカッサント、討論司会兼任)
    韓国プロレタリア文学の国際主義と「民族」概念

 

9月18日(第3日)

8:30 – 10:30 第7分科会 円卓討論「労働と教育に関する諸問題」

  • 北村 隆志
    小林多喜二論報告メモ――「労働者階級の状態」から「連帯」へ
  • 岡野 幸江
    「女工哀史」とグローバリズム
  • 張 如意
    『蟹工船』と「農民工文学」――『蟹工船』の現実意義をめぐって
  • 岡村 洋子
    平和教材として読む「蟹工船」―高等学校での実践報告
  • Adrienne Carey Hurley
    Teaching Takiji: Pedagogies of Love and Liberation

    (この分科会に限り発表時間は一人15分、討論時間45分をとる。)
    討論司会 Heather Bowen-Struyk, 島村輝

11:00 – 12:30 第8分科会「多喜二と映画」

  • 宜野座 菜央見
    The Age of Agitprops ? : Japanese Cinema in the Season of Disputes 
    アジトプロップの時代 ? : “争議の季節”の日本映画
  • 秦 剛
    小林多喜二と宮崎駿:一九二九年に交差する歴史と表象
    ――『蟹工船』と『紅の豚』をめぐって

    討論司会 Linda Flores

[2008/6/5]

白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二