「いのちの記憶――小林多喜二・二十九年の人生――」DVD販売中!!

「いのちの記憶-小林多喜二・二十九年の人生-」DVD「いのちの記憶-小林多喜二・二十九年の人生-」DVD

小樽商科大学の創立100年を記念して制作された、「いのちの記憶-小林多喜二・二十九年の人生-」(HBC北海道放送 5/31放送、8/14再放送、11/16再々放送予定)のDVDが完成し、ソニーミュージックから発売されました。

DVDの内容は、同校の前身・小樽高等商業学校の卒業生・小林林多喜二の生涯を描いたドキュメンタリーです。本編(約80分)と資料編(約30分)との二部構成。計約110分。

本編の紹介は、以下のHBCのホームページをごらん下さい。

資料編には、千葉県我孫子市の白樺文学館紹介のほか、本編に収まりきれなかったインタビュー8件が収められています。

インタビューに応じているのは原絢一さん(多喜二の姉・チマさんの家で暮した思い出)、三浦光世(三浦綾子記念館館長=三浦綾子著「母」について)、井本三夫(元茨木大学教授)=蟹工船と当時の北洋漁業について)などの証言のほか、倉田稔(小樽商科大学名誉教授)、三ノーマ・フィールド(米国・シカゴ大学教授)、浜林正夫(一橋大学名誉教授)、佐高信(評論家)、山口さなえ(「蟹工船」エッセーコンテスト大賞受賞者)の8氏で、見どころ満載です。

芸術祭に参加します

HBC北海道放送は、この「いのちの記憶-小林多喜二・二十九年の人生-」を、平成20年度文化庁芸術祭に参加させる予定です。

さらに11/16HBCから三度目の放送を予定

同番組は、北海道地域限定の放送でしたが、5/31放送では、4.2%という視聴率を獲得、その反響のひろがりのなかで、終戦記念日の前日の8/14に再放送が実現し、そこでも世帯平均2.3%、番組終了時3.5%を獲得。北京オリンピック開催時に骨太のドキュメンタリーで、それも再放送で取った数字としては健闘し、番組終了時に3.5%と上がっているのも反応の良さを示しています。11月17日(月)午前1時45分から再々放送が予定されています

初回の放送の際には、小樽商大主催の視聴とトークセッションが駅前プラザ「ゆめぽーと」(稲穂3)で開かれ好評でした。当日の様子は、以下の小樽ジャーナルで紹介されています。
小樽ジャーナル:多喜二ドキュメント視聴会・トークセッション 商大100年事業

「いのちの記憶―小林多喜二・二十九年の人生―」は、白樺文学館が多喜二生誕100年記念映画「時代を撃て・多喜二」の制作の実績を踏まえ、多喜二の母校である小樽商科大学が2011年に創立100年を迎える記念として北海道を熟知した制作チームに制作を依頼し、制作を後押ししてきたものです。それだけに四季折々の北海道の自然風土とそこに生きる人々の生きざまを美しい映像としてとらえたものとなりました。 

このドキュメンタリーの構成・脚本を手がけたのは、小樽商科大学OBの映像プロデューサー・演出家の守分寿男さん、構成は松田耕治さんです。その北の風土を描く映像の美しさとともに、その鮮烈な生涯の意味が浮き彫りにされて有意義だったとの声が視聴者から数多く寄せられました。

商品情報

タイトル
ヒューマンドキュメンタリー 
いのちの記憶 -小林多喜二・二十九年の人生-
発売日
2008年9月10日
価格
税込 3,000円(税抜 2,857円)
発売元
HBC北海道放送
販売元
ソニー・ミュージックディストリビューション
品番
SSBX-2182 POS-4571167676231
DVDスペック
片面2層/MPEG-2/世界市場向け/ドルビーデジタル/STEREO/カラー/画面サイズ16:9/
レンタル禁止/約110分

※全国のDVDソフト取扱店で購入できるほか、Amazon.co.jpでインターネット販売されています。

Amazon.co.jp:「いのちの記憶-小林多喜二・二十九年の人生- ドキュメンタリーDVD」

 

[2008/10/1]

白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二