蟹工船

作品を読む (PDF版 341KB)
※ ページ数が多いので、印刷の際はご注意下さい(A4サイズ157枚)

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
こちらからダウンロード・インストールしてください。
Adobe Reader ダウンロードページ


「蟹工船」 ― 作品紹介

 志賀直哉をして、「一番念入ってよく書けていると思ひ、描写の生々と新しい点感心した。」(1931/8/7付 多喜二宛書簡)と言わしめた、”日本近代文学の金字塔”と評される小林多喜二の代表作。初出は『戦旗』の1929年5〜6月号連載。単行本は、発禁処分を受けながらも半年の間に3万5000部が売れ、当時の文壇を震撼させた。

 白樺文学館多喜二ライブラリー特選図書として『30分で読める・・・大学生のためのマンガ蟹工船』(定価600円 発売・東銀座出版社)も2006年11月発売された。