年譜

1903年 (明治36年)
       10月 13日、秋田県北秋田郡下川沿村川口の農家に生れた。父末松、母セキ、兄多喜郎、姉チマ、継祖母ツネの5人家族。

1907年 (明治40年)
       1月 妹ツギが生れた。
       10月 小樽新富町の伯父慶義の家にひきとられていた兄多喜郎が病死。
       12月 下旬、慶義にすすめられて一家は小樽へ移住。

1908年 (明治41年)
       1月 小樽南端の若竹町に住居をさだめ、両親は伯父が経営していた三星パンの支店をひらく。

1909年 (明治42年)
       12月 弟三吾が生れた。

1910年 (明治43年)
       4月 潮見台小学校に入学。

1916年 (大正5年)
       3月 潮見台小学校卒業。
       4月 伯父慶義の援助で庁立小樽商業学校に入学、新富町の伯父の家に住みこみ、パン工場の手伝いをしながら通学。
       7月 妹幸が生れた。

1917年 (大正6年)
       島田正策、斎藤次郎ら数人と学内サークルをつくり、水彩画を描きはじめる。

1919年 (大正8年)
       4月 校友会誌『尊商』の編集委員にえらばれた。詩、短歌、小品などを書きはじめ、『文章世界』にコマ絵を投稿、庁商短歌会に出席。
       11月 小樽稲穂町の中央倶楽部でひらかれた小羊画会に水彩画6点を出品。

1920年 (大正9年)
       4月 島田正策、蒔田栄一、斎藤次郎らと回覧文集『素描』を創刊。詩や小品を『尊商』に発表し、『文章世界』『中央文学』へ詩の投稿をつづける。
       5月 中央倶楽部の第2回洋画展に出品。
       9月 白洋画会に水彩画を出品。

1921年 (大正10年)
       2月 『素描』の廃刊後、習作の原稿をミシンでつづり、「生れ出ずる子ら」という表題をつけ、回覧して批評をもとめた。
       3月 小樽商業を卒業。
       5月 伯父の援助で小樽高等商業学校に入学。新富町の伯父の家を去り、若竹町18番地の自宅から通学。『小説倶楽部』に短編の投稿をはじめ、★秋頃から志賀直哉の文学を学びはじめた。

1922年 (大正11年)
       4月 高商校友会誌の編集委員になる。校友会誌に詩や短編を発表、『小説倶楽部』『新興文学』などに短編の投稿をつづける。「龍介と乞食」が『小説倶楽部』(3月号)、「兄」が『文章倶楽部』(12月号)、「健」が『新興文学』(23年1月号) に入選した。

1923年 (大正12年)
       2月 「継祖母のこと」をかき『校友会誌』(3月発行)に発表。
       4月 「薮入」を書き、『新興文学』(7月号)に入選。
       11月 高商の関東震災義損外国語劇大会でフランス語劇メーテルリンクの「青い鳥」に一級下の伊藤整とともに出演。

1924年 (大正13年)
       1月 ★多喜二の志賀直哉宛書簡(1月)=「すっかりご無沙汰してしまいました…中央公論の正月号で、貴方の「雨蛙」、貪るように読みました…」(1月)
       3月 小樽高商を卒業。北海道拓殖銀行に勤務。
       6月 小樽支店為替係になる。『素描』の仲間たちを中心に同人雑誌『クラルテ』を創刊・主宰した。
       7月 「駄菓子屋」を『クラルテ』に発表。
       8月 父末松が小樽病院で死去。
       10月 不幸な境遇にあった田口タキと知る。

1925年 (大正14年)
       2月 「彼の経験」を『クラルテ』に発表
「クラルテ」編集後記に多喜二「駄菓子屋」への志賀直哉の評、「日本の小説の型に小さく出来上がっているように思います。…」(『クラルテ』第3号編集後記)を紹介。
       4月 銀行員の安易になりがちな生活態度を反省し、ノートの原稿帳をつくって刻苦の努力をはじめた。「田口の『姉との記憶』」、「龍介の経験」「曖昧屋」を書く。
       12月 田口タキを救い出した。

1926年 (昭和元年)
       1月 「師走」を書く。
★多喜二の大熊信行宛書簡
       4月 田口タキを若竹町の自宅にひきとる。
       5月 26日、「折々帳」(日記)を書きはじめた。
       8月 「人を殺す犬」を書く。
       9月 ★葉山嘉樹の小説集『淫売婦』に感銘。「志賀直哉氏あたりの表現様式と正に対蹠的にある。」(9/14) 「志賀のカテゴリーから出ることだ。」(10/9)
       11月 田口タキが家出した。

1927年 (昭和2年)
       ★多喜二の大熊信行宛書簡(2.6)
「雪の夜」、「萬歳々々」、「女囚徒」(戯曲)を書く。
       3月 3月−4月、磯野小作争議が最初の労働者との共闘でたたかわれ、磯野側の情報を争議団へ提供した。
       5月 病院に住みこんでいた田口タキが行方を知らさず小樽を去る。
       6月 6月―7月、小樽港湾労働者の大争議を応援する。
       8月 労農芸術家連盟に加盟。古川友一が主宰する社会科学研究会に参加、労働農民党小樽支部、小樽合同労働組合の活動家たちとの関係をふかめた。「残されるもの」、「最後のもの」(「師走」改作)を書く。
       11月 労農芸術家連盟の分裂により組織された前衛芸術家同盟に参加。3月から書きつづけた長編「その出発を出発した女」を中編でやめる。
       12月 「防雪林」を起稿。

1928年 (昭和3年)
       2月 普通選挙法による最初の国会選挙がおこなわれ、労働農民党から立候補した山本懸蔵を応援し、東倶知安方面の演説隊に加わる。
       3月 「瀧子其他」を書く。
15日、3・15事件。
25日、前衛芸術家同盟と日本プロレタリア芸術連盟か合同し、全日本無産者芸術連盟(ナップ)を結成。
       4月 26日、「防雪林」を完成。伊藤信二、風間六三らとナップ小樽支部をつくる。
       5月 中旬、10日間の予定で上京、蔵原惟人と会い、以後理論的影響をうけ、ふかい友情をむすんだ。
26日、「防雪林」を未定稿のままにし、「一九二八年三月十五日」を起稿。
       7月 為替係から調査係へかわる。
       8月 17日、「一九二八年三月十五日」完成、『戦旗』11、12月号に発表。
★多喜二の斎藤次郎宛の手紙「改造社の『志賀直哉集』の巻頭言、まさに里見クの「一刀一拝の芸術」…至上の境地をつきぬけてもう一つ上の至上に至っているという感じだ。」
       9月 5日、「東倶知安行」を書く。
       10月 28日、「蟹工船」を起稿。

1929年 (昭和4年)
       2月 10日、日本プロレタリア作家同盟創立、中央委員にえらばれる。
       3月 30日、「蟹工船」を完成し、『戦旗』5、6月号に発表。
       4月 16日、「4・16事件」。
20日、小樽警察に拘引、家宅捜査された。
       5月 2年ぶりに田口タキと再会。
       6月 「プロレタリア文学の『大衆性』と『大衆化』について」を書く。
       7月 6日、「不在地主」を起稿、帝国劇場で「蟹工船」改題、「北緯五十度以北」(5幕12場)が新築地劇団により上演。
       8月 全小樽労働組合創立、準備活動に参加し、内部の協調的見解とたたかい綱領を起草。
       9月 29日、「不在地主」完成し、『中央公論』11月号に発表。
調査係から出納係へ左遷。
『蟹工船』戦旗社版が発禁になる。
       11月 3日、「暴風警戒報」を書く。
16日、「不在地主」が直接の理由で拓殖銀行を解雇された。
       12月 18日、「工場細胞」を起稿。

1930年 (昭和5年)
       1月 「プロレタリア文学の新しい文章に就いて」を書く。
       2月 24日、「工場細胞」を完成、『改造』4、5、6月号に発表。
       3月 末に小樽から上京し、中野区上町に下宿。
       4月 「プロレタリア文学の『新しい課題』を『読売新聞』に発表。
『蟹工船』中国語訳(渚念之)が上海で出版、国民党政府により発売禁止された。
       5月 中旬、「戦旗」防衛巡回講演のため、江口渙、貴司山治、片岡鉄兵らと京都、大阪、山田、松阪をまわる。
23日、大阪で日本共産党へ財政援助の嫌疑で逮捕。
       6月 7日、いったん釈放されたが、24日、帰京後、立野信之方でふたたび逮捕された。
       7月 『蟹工船』の件で不敬罪の追起訴をうける。
『工場細胞」を出版。
       8月 治安維持法で起訴、豊多摩刑務所に収容された。
       12月 ★多喜二は獄中から、志賀直哉に宛て手紙を出す。(12/13)

1931年 (昭和6年)
       1月 ★志賀直哉は多喜二を念頭において「リズム」(『讀賣新聞』1/13-14付に執筆掲載)。
22日、保釈出獄。
       2月 上旬、「オルグ」を起稿。
       3月 『東倶知安行』を出版。田口タキとの結婚を断念する。
       4月 6日、「オルグ」を完成し、『改造』5月号に発表。同月、文芸時評」を発表。
       6月 ★多喜二は志賀直哉に『蟹工船』を送り、批評を求める書簡。(6/8)
「独房」を書き、『中央公論』7月号に発表。「四つの関心」、「テガミ」(掌編)を発表。
       7月 作家同盟第4回臨時大会が開かれた。第1回執行委員会で常任中央委員、書記長にえらばれた。同月末、杉並区馬橋に一戸を借り、小樽から母をむかえ、弟と暮す。
★志賀直哉から多喜二宛て書簡「お手紙も『蟹工船』もちゃんと頂いてゐます。…」(7/15)
戦旗社から『オルグ』を出版。
       8月 「新女性気質」(「安子」に改題)を『都新聞』に連載、
★志賀直哉からの書簡(8/7)
       9月 長編「転形期の人々」を書きはじめた。10月、「母たち」を書く。同月、非合法の日本共産党に入党する。同月24日、日本プロレタリア文化連盟(コップ)を結成。
       11月 上旬、奈良に志賀直哉をはじめて訪れる。
『一九二八年三月十五日』がドイツで出版、発売を禁止された。

1932年 (昭和7年)
       3月 8日、「沼尻村」を書き、『改造』4、5月号に発表。「『文学の党派性』確立のために」を発表。同月24日、文化団体へ大弾圧がはじまり、「転形期の人々」を一時うちきる。
       4月 上旬、宮本顕治らと非合法活動にうつり、文化運動の再建に献身した。
同月中旬、麻布東町に住み、伊藤ふじ子と結婚。同月、作家同盟第5固大会の一般報告を書く。
       5月 「暴圧の意義及びそれに対する逆襲を我々は如何に組織すべきか」を書く。
       6月 文化団体党グループの責任者になる。
       7月 日本反帝同盟の執行委員になる。麻布新綱町にうつり、「日和見主義の新しき危険性」を発表。
       8月 25日、「党生活者」(『中央公論』33年4、5月号に「転換時代」の仮題で発表)を書く。
       9月 下旬、麻布桜田町に1戸を借りてうつる。この前後から林房雄を代表とする敗北的見解にたいし論争をつづけ、「二つの問題について」、「右翼的偏向の諸問題」を発表。『蟹工船』がソ連で出版された。

1933年 (昭和8年)
       1月 7日、「地区の人々」を書き、『改造』3月号に発表。「右翼的偏向の諸問題(続)」を『プロレタリア文学』2月号に発表。隠れ家を襲われ、渋谷区羽沢町国井方にひとりで下宿。
       2月 13日、「討論終結のために(右翼的偏向の諸問題)」を書いた。
20日、正午すぎ、赤坂福吉町で連絡中、今村恒夫とともに築地署特高に逮捕され、同署で警視庁特高の拷問により午後7時45分殺さる。検察当局は死因を心臓まひと発表。解剖を妨害し、22日の通夜、23日の告別式参会者を総検挙した。志賀直哉は、日記に「小林多キ二捕らえられ、悶死の記事あり」(2/22)多喜二の母・セキに宛て「不自然なる御死去の様子を考えアンタンたる気持ちになりました」(2/24)と、香典と弔文を出す。日記に「小林多喜二(余の誕生日)に捕らへられ死す、警察官に殺されたるらし、不図彼らの意図ものになるべしとふ気がする」(2/25)
       3月 15日、労農葬が築地小劇場でおこなわれ、労農葬を記念して『日和見主義に対する闘争』が文化連盟から出版される。『赤旗』『無産青年』『大衆の友』『文学新聞』『演劇新開』『プロレタリア文化』『プロレタリア文学』は追悼と抗議の特集号を発行した。ロマン・ロラン、魯迅をはじめ、内外から多数の抗議と弔文がよせられた。
築地小劇場で新築地劇団により追悼公演「沼尻村」が上演された。
       6月 志賀直哉は『文化集団』創刊号に「小林多喜二君と作品」と題し、多喜二宛て書簡2通と、母セキへの弔文を掲載。

1935年 (昭和10年)
       志賀直哉は貴司山治のインタビューに答え多喜二の文学と人間を語る(「志賀直哉氏の文学縦横談」)

1936年 (昭和11年)
       志賀直哉の創作集『萬暦赤繪』に「小林多喜二への手紙」を収録。

1946年 (昭和21年)
       志賀直哉は、『革文函』に「小林多喜二への手紙」を収録。

1947年 (昭和22年)
       『友への手紙』に小林多喜二への手紙収録。

1952年 (昭和27年)
       『志賀直哉随筆集』に「小林多喜二への手紙」を収録。

1958年 (昭和33年)
       志賀直哉、多喜二没後25周年「NHK多喜二を偲ぶ」のインタビューに答える。

1968年 (昭和43年)
       志賀直哉、『定本 小林多喜二全集』(新日本出版社)に推薦の言葉。