秋田編−秋田県大館市

小林多喜二は明治36年(1903年)10月13日、秋田県北秋田郡下川沿村川口(現在の大館市川口)で生まれました。明治40年(1907年)に一家が小樽に移住するまでの4年間をこの地で過ごしました。幼少期の、それも物心つくまでの短い期間にもかかわらず、彼の初期作品には秋田への想いの強さをうかがわせるシーンが何度も登場します。

地図内の 部分をクリックするとその箇所の簡単な説明を表示します。


「小林多喜二生誕の地」の碑 「小林多喜二の母セキ生誕地」の碑 小林多喜二文学碑
白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二