小樽編その2−小樽駅東側

小樽港から小樽運河一帯は、かつて北海道経済の中心地でした。 小樽港は道央地区で採掘された石炭の集積地で、色内町には20行以上の銀行の支店がありました。 各銀行は競うように最先端の技術で格調高い様式のビルを建築し、それらの多くが現存しています。

地図内の 部分をクリックするとその箇所の簡単な説明を表示します。

北海製罐 北浜橋 拓銀小樽支店跡 小樽文学館 小樽新聞社跡 越治パーラー跡 公園館跡 水天宮
白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二