東京編−麻布十番

麻布十番は、多喜二が地下生活を始めた場所です。 地元の商店をはじめ白木屋、コロンバンなどの有名店が軒を並べ、映画館・劇場・寄席などもある当時から活気あふれる街であったようです。 しかし、昭和20年4月15日の東京大空襲によって商店街のほとんどが焼き尽くされてしまい、街並みは失われてしまいました。

地図内の 部分をクリックするとその箇所の簡単な説明を表示します。


多喜二ライブラリー ヤマナカヤ跡 旧麻布区新網町 称名寺 善福寺
白樺文学館 - 小林多喜二の書簡 常時展示中

時代を撃て・多喜二