Author: library news

Japan Casino Uprising
書評

「Japan Casino Uprising」徹底レビュー

序章 「Japan Casino Uprising」は、日本の統合型リゾート(IR)に関する野心的な計画とその挫折に焦点を当てた、ダニエル・チェンによる非常に洞察に満ちた作品です。本書は、日本の政治とビジネスのやり方に関する鋭い観察を通じて、日本の心理への旅を提供します。 著者の背景と視点

お知らせ

2008 オックスフォード小林多喜二記念シンポジウム開催報告(その1)

小林多喜二生誕105年・没後75周年となる2008年、9月16日から18日までの3日間、英国オックスフォード大学キーブルカレッジで「2008年オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム」(主催:同組織委員会、後援:小樽商科大学、白樺文学館多喜二ライブラリー)を開催した。 メーンテーマを「多喜二の視点から見た身体・地域・産業」とし、世界各国から33件の発表、60名を超える参加者があった。最終日の18日、まとめと総括を行ったHeather Bowen-Struykが述べるように、このシンポジウムは、「多喜二を単一の出発点としながら、池に広がる波のように、時空を貫いて多様な領域に広がる、多喜二研究のもたらす大きな衝撃力」を示すものとなった。 発表者の内訳は、(オーストラリア、1名)、(ノルウェー、1名)、(日本、17名)、(英国、1名)、(米国、6名)、(カナダ、1名) (中国、2名)、(韓国、4名)

お知らせ

『劇画「蟹工船」小林多喜二の世界』講談社から9/20発売

講談社 プラスアルファ文庫シリーズの一冊として、 『劇画「蟹工船」 小林多喜二の世界』がおめみえした。 本書は、東銀座出版社から2006年11月刊行の『30分で読める・・・大学生のための マンガ蟹工船』を親本に、小林多喜二の全体像をわかりやすく把握するため、映画「時代を撃て・多喜二」(池田博穂監督)に採録されている写真を図版に、その生涯をたどるグラビアページ(16ページ)をあらたに設けた。 さらに、島村輝・女子美術大学教授に、小説「蟹工船」の文学としての仕掛けを解説していただくなど、現在、なぜ若もの達を中心に「蟹工船」がブームとなっているのか――という疑問にわかりやすく答えた。 小林多喜二生誕105年を迎える2008年10月13日にむけて、活用されることをなにより期待している。 なお、東銀座出版社刊の『30分で読める・・・大学生のための マンガ蟹工船』(A5判 定価600円)も続刊された。講談社版、東銀座版ともどもあらためて普及にご協力をお願いしたい。

お知らせ

ドキュメンタリー番組「いのちの記憶―小林多喜二・29年の人生」

多喜二は、私たちになにを語りかけるか北海道放送、5/31放映予定 作家・小林多喜二の29年4ヶ月の人生をたどるヒューマンドキュメンタリー番組が、HBC(北海道放送)から5月31日(土)、13:05~14:30(道内ローカル)で放送予定です。この番組は、小樽高商・小樽商科大学大創立100年記念として、小樽高商出身小林多喜二をとりあげる85分番組で、HBC制作、そして多喜二の母校・小樽商科大学と白樺文学館多喜二ライブラリーが制作協力しています。 番組タイトルは、「いのちの記憶―小林多喜二・29年の人生」。同番組は、北海道地域での放映ですが、その後、資料編の映像も加えたDVD(2枚組み予定)として、7月中旬~8月下旬に全国発売される予定です。 ● 脚本・演出は「東芝日曜劇場」演出の守分さん

お知らせ

『私たちはいかに「蟹工船」を読んだか―小林多喜二「蟹工船」エッセーコンテスト入賞作品集―』を刊行!!

白樺文学館多喜二ライブラリーは、2008年2月10日、『私たちはいかに「蟹工船」を読んだか―小林多喜二「蟹工船」エッセーコンテスト入賞作品集―』を刊行しました。発売は株式会社遊行社。 本書は、小樽商科大学(旧小樽高等商業学校)の卒業生、小林多喜二(1903~33)の代表作「 蟹工船」の小説とマンガの読書を通じて、これからの日本社会のあり方を深く考えるという趣旨で公募した「Up to 25『蟹工船』読書エッセーコンテスト」(小樽商科大学と白樺文学館多喜二ライブラリー共催)から生まれたエッセー集です。

お知らせ

『戦争と文学―いま小林多喜二を読む』ハングル版が韓国で刊行

多喜二の生誕104年に『戦争と文学―いま小林多喜二を読む』ハングル版が韓国で刊行 ―白樺文学館多喜二ライブラリー海外出版助成の一冊が完成― 「戦争と文学―いま小林多喜二を読む」ハングル版表紙白樺文学館多喜二ライブラリーの2005年度の特選図書である、伊豆利彦(横浜市立大学名誉教授)氏『戦争と文学―いま小林多喜二を読む』(本の泉社 2005年)が、金生勲(>全南科学大学副教授/同大学日本文化研究所長の手でハングル訳され、10月上旬、ソウルの学術専門出版社・J and Cから刊行される運びとなりました。同書は、白樺文学館多喜二ライブラリーの海外出版支援の一冊です。 以下は、伊豆利彦『戦争と文学―いま小林多喜二を読む』(本の泉社、2005年6月)の翻訳を担当された金正勲副教授の「訳者の弁」を、日本語に抄訳し、ご紹介させていただきます。

お知らせ

「Up to 25『蟹工船』読書エッセーコンテスト」ポスター・チラシ完成

全国600ヶ所以上の図書館で配布 小樽商科大学と白樺文学館多喜二ライブラリーは、小林多喜二の生誕105年を迎える2008年2月を前に、25歳以下の青少年を対象とした「Up to 25『蟹工船』読書エッセーコンテスト」を共同主催し、感想エッセーを募集しています(11/15締め切り)。 これまで『朝日新聞』、『北海道新聞』、『秋田魁新報』、『東京新聞』、『しんぶん赤旗』『毎日新聞』(中部版)、『緑丘』(小樽商科大学同窓会誌)に広告してきましたが、このほどポスター、チラシも完成し、全国各地の文学館、図書館、大学図書館、全国大学生協連傘下の書店にポスター、チラシの掲示・配布を依頼しました。

お知らせ

『多喜二シンポジウム記録集』全国書店で発売

白樺文学館多喜二ライブラリーが主催で、2003年11月30日朝日新聞社・朝日多目的ホールで開催の「小林多喜二生誕100年・没後70周年記念シンポジウム」の全報告を収めた『小林多喜二生誕100年・没後70周年記念シンポジウム記録集』が2月20日、全国で発売される。 小林多喜二生誕100年・没後70周年記念シンポジウム記録集A4判(カラー16頁、モノクロ104頁)120頁 並製定価:本体1619円+税 発行:2004年2月20日ISBN 4-89469-074-8 C1095

蔵書

一九二八年三月十五日

「一九二八年三月十五日」 March 15,1928 作品紹介 1828年2月、日本で初めて行われた普通選挙の直後の3月15日に、立候補した左翼活動家やその応援者たちに下された狂暴な弾圧・拷問の実態を、革命