2008 オックスフォード小林多喜二記念シンポジウム開催報告(その1)

小林多喜二生誕105年・没後75周年となる2008年、9月16日から18日までの3日間、英国オックスフォード大学キーブルカレッジで「2008年オックスフォード大学における小林多喜二記念シンポジウム」(主催:同組織委員会、後援:小樽商科大学、白樺文学館多喜二ライブラリー)を開催した。

最新記事
おすすめの記事

『マンガ蟹工船』を無料公開!!

「Up to 25「蟹工船」読書エッセーコンテスト事務局は、『マンガ蟹工船』をWeb上に無料で公開することを決めました。(同コンテスト募集要項)今回の措置は、11月15日締切りで取り組んでいる同コンテストへの海外からの応募や、書籍入手が困難な方への便宜を図るためのもので、10月1日から11月15日までの期間限定。公開するのは、同コンテストを小樽商科大学と共同主催する白樺文学館多喜二ライブラリーホームページで、これまで公開の小林多喜二「蟹工船」(Webで読む蟹工船)に続き、『マンガ蟹工船』(東銀座出版社 電話への書籍注文は引き続き受け付けています)が無料で公開されます。 マンガ蟹工船 ダウンロード (PDFファイル 約40MB)※ファイルサイズが大きいのでダウンロードに時間がかかる場合がございます。

続きを読む »

『劇画「蟹工船」小林多喜二の世界』講談社から9/20発売

講談社 プラスアルファ文庫シリーズの一冊として、 『劇画「蟹工船」 小林多喜二の世界』がおめみえした。 本書は、東銀座出版社から2006年11月刊行の『30分で読める・・・大学生のための マンガ蟹工船』を親本に、小林多喜二の全体像をわかりやすく把握するため、映画「時代を撃て・多喜二」(池田博穂監督)に採録されている写真を図版に、その生涯をたどるグラビアページ(16ページ)をあらたに設けた。 さらに、島村輝・女子美術大学教授に、小説「蟹工船」の文学としての仕掛けを解説していただくなど、現在、なぜ若もの達を中心に「蟹工船」がブームとなっているのか――という疑問にわかりやすく答えた。

続きを読む »

ドキュメンタリー番組「いのちの記憶―小林多喜二・29年の人生」

多喜二は、私たちになにを語りかけるか北海道放送、5/31放映予定 作家・小林多喜二の29年4ヶ月の人生をたどるヒューマンドキュメンタリー番組が、HBC(北海道放送)から5月31日(土)、13:05~14:30(道内ローカル)で放送予定です。この番組は、小樽高商・小樽商科大学大創立100年記念として、小樽高商出身小林多喜二をとりあげる85分番組で、HBC制作、そして多喜二の母校・小樽商科大学と白樺文学館多喜二ライブラリーが制作協力しています。 番組タイトルは、「いのちの記憶―小林多喜二・29年の人生」。同番組は、北海道地域での放映ですが、その後、資料編の映像も加えたDVD(2枚組み予定)として、7月中旬~8月下旬に全国発売される予定です。

続きを読む »